Drone Fund

en_US

News

DRONE FUND、3号ファンドを設立 目標調達額を100億円とし、ドローン・エアモビリティの社会実装を牽引 ~アンカー投資家としてSMBC日興証券、NTTドコモが参画~

「ドローン・エアモビリティ前提社会」の実現を目指すベンチャーキャピタルのDRONE FUND(本社:東京都渋谷区、代表:千葉 功太郎、大前 創希、以下:ドローンファンド)は、2020年5月、目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合」(以下、3号ファンド)を設立し、2020年9月にファーストクローズを迎えたことをお知らせいたします。

この度、SMBC日興証券株式会社、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社、小橋工業株式会社、国際航業株式会社、株式会社リバネスなどに投資家としてご参画いただきました。ドローンファンドは2021年3月(予定)のファイナルクローズに向けて、今後資金調達を続けていくと共に、本発表をもちまして3号ファンドからの新規投資活動を順次開始いたします。

リリース詳細については下記PDFおよびPRTIMESをご確認ください。