Drone Fund

en_US

News

Drone Fundがドップラーライダーでドローンの安全運航を目指すメトロウェザーへの出資を実行

Drone Fundは、メトロウェザー株式会社に、Drone Fund 2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)より約7,000万円の出資を実行しました。
今回の投資は、代表パートナーの千葉がクリエイティブマネージャーを務めるリアルテックファンドと同タイミングで投資・支援を開始する初めての案件となります。両ファンドから社外取締役を派遣し、マネジメントを強めます。Drone Fundからは、共同創業者/代表パートナーの大前創希が社外取締役に就任します。 
メトロウェザー株式会社は、リモートセンシング技術を応用した大気計測装置の開発・製作・販売などを中心に事業展開しています。
ドローンは一定方向の風の中ではバランスを保って飛行できますが、乱流や突風によってバランスを崩して落下する危険性があります。ドローンの安全運航に向けて、風況観測を行う必要があり、メトロウェザー社が開発するドップラー・ライダーは、ドローン前提社会に向けて欠かせないツールとなります。
メトロウェザー社の小型高性能ドップラーライダーは、各基地局やビルの屋上などに配置することが可能であり、管制システムと統合することで、天候や運航状況を詳細に把握することにより、さらに安全な管制システムの構築の支援を行いドローン前提社会の到来を目指します。