Drone Fund

en_US

Feature

千葉 功太郎とは

慶應義塾大学環境情報学部卒業後、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に入社。株式会社サイバード、株式会社ケイ・ラボラトリーを経て、2009年株式会社コロプラに参画し、同年12月に取締役副社長に就任。採用や人材育成などの人事領域を管掌し、2012年東証マザーズIPO、2014年東証一部上場を果たすと、2016年7月に退任。

その後、国内外のインターネットやリアルテック業界におけるエンジェル投資家(スタートアップ55社、ベンチャーキャピタル34ファンドに個人投資)として活動するなかで、2017年6月にDrone Fundを設立。個人投資先およびDrone Fund投資先の起業家コミュニティ「千葉道場®」の運営を通じて、新たな産業の創造にフルコミットの日々を送る。

2019年4月からは、母校・慶應義塾大学SFC の特別招聘教授の職にも就いている。

2018年12月には、堀江貴文氏らと共に戦後初の国産旅客機ホンダジェットの国内1号機を共同購入。自身もパイロットライセンス取得に向けた訓練を日々重ねており、ジェネラル・アビエーションと「エアモビリティ社会」の可能性を開拓中。

役職
Drone Fund 創業者/代表パートナー
慶應義塾大学SFC特別招聘教授
エンジェル投資家