Drone Fund

English

About

数字で見るドローン市場予測

急成長する商用ドローン市場及び2040年に世界で130兆円規模のエアモビリティ市場

 

近年、ドローン市場は極めて急成長を遂げており予測が難しい市場となっております。ドローンの市場が成長するにつれて、ドローンはますます多くの業界に進出し続けています。近年ドローンの商用利用は、施設の検査や測量などに多く用いられるようになり、2018年後半には日本で初めてドローン配送も商用としてスタートしました。日本のドローン市場は今後数年で益々大きくなると予測されるとともに、空の移動革命は2020年代後半から徐々に盛り上がり、2030年代には成長産業として期待されると予測されます。

Drone Fundは、ドローン技術がもたらす信じられないほどの潜在的可能性を理解し、ドローン産業の発展に関わり続け、人々の「空の時代の幕開け」の助力となりたいと考えています。

ドローンファンドが提供する価値

ドローン市場に特化したベンチャーキャピタルであることの重要性

 

Drone Fundは、ドローン産業に特化したベンチャーキャピタルとして、より強い専門性を出資企業並びに投資家に対して提供する事が私達の価値です。私達は出資を通して支援するとともに、知財戦略、事業の成長戦略立案の支援、パートナー企業とのビジネスマッチングなど、投資企業の成長を加速する支援をしていきます。

Drone Fundエコシステムは、2つの小さなシステム(LPエコシステムと投資先エコシステム)で構成されています。 これらはDrone Fund コミュニティとしてさまざまな側面を持っています。例えば “千葉道場ドローン部” は、ドローン関連ビジネス投資先企業が一堂に会しともに学び合うことで、ドローン産業への理解を深め、協業を促進するプラットフォームとなっています。

 

ドローンが活躍する未来

あらゆるシーンでドローンの活用が加速していく

 

私達はドローンやドローンに関連する技術が人々にとって欠かせなくなる未来が到来する。私達はそう信じています。

ドローンテクノロジーが成長するにつれて、規制と法律も同様に成長します。 テクノロジーがテスト段階から商用利用に移行するにつれて、目視による飛行ルールから目視外かつ自律的飛行へと移行します。最終的には都市における物流まで担うと私達は考えます。

ドローン前提社会への移行は、主に立法者、規制当局、およびドローンが提供するテクノロジーとソリューションに対する一般の理解に依存しています。Drone Fundは、ドローンの公共政策、法律立案、規制策定に積極的に関与しています。ドローンが提供できる潜在的な価値について議論をすすめることは、より良い産業への理解、より良いドローン法整備の環境を整え、より良い未来をもたらす事を意味します。また、私達はシンポジウムやイベント等を通して、ドローンが解決できる社会課題について議論する場を作っています。これらの取り組みを通してドローンの潜在的ポテンシャルをよりよく理解することで、ドローン市場の適切な法整備へとつながって行きます。

投資先のドローン関連特許の防衛と活用

パテントアンブレラによるコア/ノンコア特許の管理

 

技術に基づくスタートアップ・ベンチャー企業にとって特許は極めて重要な資産ですが、資金力の乏しい経営資源の中でコア特許以外の周辺特許までをしっかり管理する事は困難です。

私達ドローンファンドはこの問題を、ノンコアに関しては共同出願の形で解決していく方法を取っています。率先してノンコア特許までを取得する事で、ドローンファンド出資先同士の技術提供や事業提携などを始め、多くのドローン産業に携わる企業との関係強化の環境を整えています。